iaowd-eye160928-2pad

XML Sitemap Generator for WordPress

このプラグインは、xmlサイトマップを自動生成してくれるプラグインです。xmlサイトマップとは、

ウェブサイト内の各ページのURLや優先度、最終更新日、更新頻度などを記述したXML形式のファイル。
通常はsitemap.xmlというファイルをウェブサイトのトップディレクトリにアップロードする。
検索エンジンがサイト内のURLを集める時の有用な手掛かりとなるため、XMLサイトマップの設置はクローラビリティの改善に繋がる。
(「SEO Hack」他より引用・加筆)

というものです。


WordPress xmlサイトマップ生成プラグイン

当サイトのxmlサイトマップの一部。記事を追加・更新するたびに自動生成し直してくれるので、いつも最新の状態を保っていられる。

xmlサイトマップは、Google Search Consoleの設定項目の中で、特に重要な役割を果たします。Google Search Consoleから登録したxmlサイトマップによって、Googleは検索の際に使用するデータを取得するからです。

このデータが間違っていたり、タイムリーでなかったりすると、ユーザが検索した際に間違った情報が表示されてしまう危険性があります。

では、XML Sitemap Generator for WordPressの設定をしていきます。

1. 基本的な設定

WordPress

「匿名お投稿を許可する」以外は、基本的にチェックをしておいてください。

「Try to automatically compress the sitemap if the requesting client supports it. 」は、圧縮ファイルを生成するか否かのチェックです。圧縮ファイルがあった方がGoogle 先生には親切なので、ここも必ずチェックを入れておいてください。


2. 追加ページの設定

WordPress

ページのURL
カスタム投稿タイプで新たに追加した「投稿」は、ここでURLを入力しておきます。例えば、スラッグ名「wordress」でカスタム投稿タイプを登録したら、URLは「ドメイン名/wordress/」となります。

優先順位の設定
最重要度を1.0、最低を0.1として、任意で数値を決めます。特に決まりはないので、一番更新頻度の高い「投稿」を0.8か0.7程度にしておき、その他はそれを基準に高いか低いかで決めていきます。

投稿頻度の設定
投稿(追加・更新)する頻度を大まかに設定します。分からない場合は「毎週」か「毎月」にしておきましょう。実際と違っても、エラーやペナルティがあるわけではありません。

なるほど!と思ったら、すぐシェア♪

コメントは受け付けていません。

東京Webデザイナーズ交流会/10月のテーマ

WordPressで有料課金型会員制サイトを構築する方法

検索してもなかなか情報のない「会員制サイトを構築法」を解説します。