iaowd-eye161019-02

決済設定前の諸設定

1. アドオンをダウンロードしてFTPでアップロードする

最低限必要なアドオンをダウンロードしてFTPでアップロードしておきます。
(アップロード階層は/wp-content/plugins/)

simple-membership-after-login-redirection
simple-membership-custom-messages
*正常にアップロードされるとそれぞれSimple Membershipに管理画面に入力欄が表示される

2. 会員登録画面を日本語にする

デフォルトの会員登録画面は表記が英語なので、日本語に訳し、適切な画面レイアウトにしたテンプレートに置き換えます。

1. 左メニュー「固定ページ」にあるSimple Membershipの会員登録系5つのテンプレートを削除する
2. 日本語に訳したファイル一式(上記5つのテンプレート+paypalなど決済後リダイレクト画面など)をここからダウンロードする
3. 左メニュー「ツール」からインポートする

削除するページのタイトル一覧

Join Us(会員説明画面)
Registration(新規会員登録画面)
Member Login(会員ログイン画面)
Password Reset(パスワードリセット画面)
Profile(会員情報変更画面)

置き換え日本語ページのタイトル一覧

paypal決済後リダイレクト画面*
シルバー会員用トップ画面*
会員説明画面
新規会員登録画面
会員ログイン画面
パスワードリセット画面
会員情報変更画面
埋め込み用無料会員登録画面*
シルバー会員登録画面*

*は複数会員種別用に新たに追加した画面

上記2の「日本語会員登録画面」は、実際に業務で使っているものなので、Bootstrapのクラス名が入ったdivが含まれています。テーマにcssとjsにBootstrapを使っていない場合は無視されるのでそのままでも弊害は起こりませんが、必要がない場合は削除したり、クラス名をお使いのcssに合わせて変更いただいて構いません。

Bootstrapを使うと、より効率的に開発ができるので、WordPressでの開発では特に利用をおすすめします。

なお、当会ではカスタマイズ前提で開発した当会公認のWordPressテーマ「BootPress」をおすすめしています。

なるほど!と思ったら、すぐシェア♪

コメントは受け付けていません。

東京Webデザイナーズ交流会/10月のテーマ

WordPressで有料課金型会員制サイトを構築する方法

検索してもなかなか情報のない「会員制サイトを構築法」を解説します。