single article

Design Sprintという考え方

Design Sprintという考え方

「グロースハック」という言葉が以前よりも知られるようになってきていますが、サービス開始時期に「グロースハックもどき」をしても決してうまくいきません。グロースハックとは、“優れた商品”がより多くの顧客のもとに届くのを助けるための方法論です。そもそも商品が優れていなかったら、いくら最良の方法があっても役に立たないことは、小学生でも分かるでしょう。

サービス開始時期には、サービス開始に適した方法論があります。これをしっかり行うことで成長期に「グロースハック」につなげてきくことができます。

サービス開始に適した方法の1つは「Design Sprint(デザインスプリント)」という考え方です。googleのグループ会社「Google Venture」がスタートアップ支援の為に用いている商品開発プログラムです。原則として、5日間で新規のアイデアをプロトタイプとして具体化し、実際の顧客に近しい被験者へのインタビュー・フォードバックを通じて事業アイデアの妥当性や効果の検証を行う、というものです。

その考え方の根底には、短い期間で高速にプロトタイピングと検証を繰り返し、市場性のある商品を短期間でローンチさせるという目的がある。

Design Sprintのバックグラウンドにあるコアコンセプトは4つ。

・制限を設けて短いスプリントを何度も回すこと
・問題発見と解決のプロセスを分けること
・UXをストーリーボードで表すこと
・プロトタイプまでつくりユーザーインタビューを通して学習すること

そして、5日間で行なわれるDesign Sprintのタイムラインこのようになっています。

・Day0…Preapre(準備する)
・Day1…Understand(理解する)
・Day2…Diverge(発散する)
・Day3…Decide(決める)
・Day4…Prototype(試作する)
・Day5…Validate(検証する)

同じような考え方に、「リーン開発」が挙げられます。リーン開発のコンセプトは、無駄なく価値に変換(開発)して顧客に素早く届けるためのフレームワークで、本質的にはDesign Sprintと考え方が似ています。

ソフトウエア開発の現場を活性化し、反復によってフィードバックを得ながら人とチームの学習を促進する「アジャイル」の考え方と、顧客価値の流れを重視し、ムダをそぎ落とした改善指向の「リーン」の考え方が「リーン開発」だ。(「リーン開発の本質」メアリー・ポッペンディーク、トム・ポッペンディーク著)

と記されている通り、「ソフトウェア開発における『ムダ』」極限まで低減させるためのフレームワークです。

・未完成な作業のムダ
・余分な機能のムダ
・再学習のムダ
・引き継ぎのムダ
・タスク切り替えのムダ
・遅れのムダ
・欠陥のムダ

ソフトウェア開発における7つのムダを無くし効率的かつ合理的にプロジェクトを進行させることに重点が置かれていて、より現場主義的な点であることがDesign Sprintと異なる点です。

なるほど!と思ったら、すぐシェア♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

東京Webデザイナーズ交流会/10月のテーマ

WordPressで有料課金型会員制サイトを構築する方法

検索してもなかなか情報のない「会員制サイトを構築法」を解説します。